Fear, and Loathing in Las Vegas-ハードロックでダンスでデスボ!神戸発の前衛バンドがカッコ良すぎる

Fear, and Loathing in Las Vegas雑記

Fear, and Loathing in Las Vegas
ロックバンド Fear, and Loathing in Las Vegas の好きなポイント、応援したいことをまとめました。

どんなバンド?

Fear, and Loathing in Las Vegas(フィアー・アンド・ロージング・イン・ラスベガス)は、日本のポスト・ハードコアバンド。2008年結成。ポスト・ハードコアをベースに、オートチューンボーカルとシンセサイザーを交え、トランスの要素を取り入れたスタイルが特徴。
出典:Wikipedia-Fear,and Loathing in Las Vegas

この解説だけ読むと、どんだけ取り入れてんねんwとなりますが、実際に曲を聞くと納得します。

彼らの雰囲気がよく分かるのはやはりこちらかな。
まずは音楽番組「バズリズム」のゲスト出演映像をご覧ください。

メンバーの雰囲気の良さと、VTR前の「まとまる?分かりやすく?」にいつも笑ってしまう。

バカリズムさんのリアクションとイジり方がうまいのでバンドの良さが出ていて好き。

Youtube公式PV

百聞は一見にしかず。彼らのパフォーマンスをご覧ください。
もうサムネの時点でとても良い感じ。

僕が引っかかった最初の曲は「Rave-up Tonight」でした。
WarnerMusic移籍前のPVも多く上がってます。

節度あるアニメタイアップ

上の2つはアニメ「覇穹 封神演義」のOPタイアップ曲です。

どちらもちゃんと作品の世界観に合わせた上で、キャッチーなイントロ。
しっかりオーダーに合わせた大衆向けの曲作りができるのは対応力メチャ高いですね。

と思って安心していると、タイアップ尺(アニメOPは大体1分40秒)を過ぎたところで...

やはり普通じゃないバンドです。

Falilvというバンド

本当に本人たちが好きなスタイルを楽しんでやってるなってのが分かるし、聴衆へのパフォーマンスも全力。

だからPVを観てて楽しくなるし、自然と応援したくなります。
個人的にはSOUL'd OUT(2014年解散)以来にアーティストとしてハマっているバンドです。
どちらも毛色はまったく違うけど、本質的なスタンスとか好きになる部分がなんとなく共通している気がしてます。

今風にいうとダサカッコいいというか、少しイタいくらいの前のめり感を全力でやってのけてるところに
普段から空気を読んで卒なく振る舞ってる人間としては、良いなぁ素敵だなぁと憧れます。

現在のメンバーは6人→4人体制へ

もともと6人編成のバンドでしたが、2019年4月現在は4人で活動しています。

リードギターSxunが脱退

2018年6月に、バンドをリーダー的に牽引していたリードギターのSxunが脱退しました。

ベースKeiが亡くなる

2019年1月12日、ベースのKeiが急性心不全のため逝去しました。

当時予定されていた公演はすべて中止となり、グループはその後しばらく沈黙していました。

なんばハッチでKei追悼ライブ決定

そんな中、2019年3月19日に公式サイトから告知!
亡くなったKeiへの追悼の意を込めてライブを行うとのことです。

「Thanks to You All」
2019年6月7日 (金)
大阪 なんばハッチ

Fear, and Loathing in Las Vegas   » 公演情報「Thanks to You All」

公式Twitter@Falilv

4人体制で再始動するFear, and Loathing in Las Vegas

大阪なら行って応援したいなぁ。けどライブ行ったことないもんなぁ。奥さんと子ども置いていけんなぁ。
苦しい時期だと思うけど、このライブも成功させてもっともっと活躍してほしい。

今からハマってFalilv盛り上げてくれる人がもっと増えたらいいな。
これからも応援していきます。

とーり

会社×個人で稼ぐ複業リーマン。
5人家族を支えるため、
今より少し自由になるため、
毎日おいしくご飯を食べるため、
日々のおカネ事情を公開中です!

プロフィールはこちら

とーりのプロフィールを見る
雑記
ほかの人にも教える
まねろく
タイトルとURLをコピーしました