【個人事業主のfreee】使い始めの導入準備まとめ

複業

こんにちは。とーりです。

今年も確定申告の悲鳴が各地で聞こえてきました。

税金爆死な方にはそっとエールを送るとして、そもそも確定申告(とe-Tax。とID/パスワード方式)そのものが「大変」「分からない」という声が多い印象です。

freeeを初めて使う人向けに手順まとめました。

アカウント作成とプラン選択

まずfreee公式サイトからアカウント作成と契約プランを選択します。

会計freee
  • freeeアカウントを作成する
  • 契約プランを選ぶ

公式サイトでの解説は以下から確認できます。

freeeアカウントを作成する

  • 事業形態
  • メールアドレス
  • パスワードの設定

事業形態は「個人事業主(個人の確定申告含む)」を選択します。

メールアドレスとパスワードは後から変更もできます。


  • 氏名
  • 事業所名(屋号)
  • 住所

屋号は決めてなければ空欄でOKです。(本名での事業活動となります)
後からでも設定できます。いつでも変更できます。

住所は自宅住所で入力すればOKです。

契約プランを選ぶ

アカウントが作成できたら、freeeのプランを決めます。

プランは3種:「スターター」「スタンダード」「プレミアム」

僕は最安のスタータープランを年払いで契約しています。

今年もまったく問題なく青色申告できました。

まずは「30日間無料お試し」でOK

個人の確定申告ならどのプランも対応しています。

最安「スターター」と公式おすすめ「スタンダード」では、

  • レシート画像の読取
  • サポート対応の優先

に違いがあります。

僕は電子決済がメインなのでレシート使わないのと、freeeは公式ヘルプが充実してるのでサポートいらないので「スターター」プランで済んでいます。

プラン変更はいつでもできるので、まずは「スターター」30日間お試しプランで使用感を確かめてみるのがおすすめです。

支払い方法を選ぶ

プラン選択後は支払いをするための決済方法を選びます。

支払い方法は2種:「年額払い」「月額払い」
※決済はクレジットカードのみ

楽して確定申告なら年額払いがおすすめ

日々の帳簿付けを楽したい、確定申告をさっさと終わらせたいなら年額払いがおすすめです。

そもそも会計ソフトは一年分の帳簿付けをするように設計されてます。年間通してfreeeの自動化機能を使えれば楽に確定申告まで済ませることができます。

月額払いで一年間払い続けるよりコスパで年額払いの方が有利です。

年額払い・月額払いは契約後に切り替えることもできます。


ここまででfreeeの登録が完了しました。

初期設定をする

freeeの登録ができたら、ログイン後に最初の設定をします。

  • 口座を登録する
  • 開始残高を設定する

公式サイトでの解説は以下から確認できます。

口座を登録する

freeeで記帳の自動化をするためには口座と連携させます。

freeeでは銀行口座の他、電子マネーやクレジットカードのことも「口座」と呼びます。

口座の登録しすぎに注意

口座同期は便利な機能ですが、プライベートの出費もあるような口座は逆に管理が手間になります。

口座登録は必須ではないので、一旦スルーして基本的な使い方を抑えてからでもOKです。

開始残高を設定する

開始残高の設定は帳簿で必須です。

事業を始めた時の手持ち資金を設定します。特にこれといった決まりはないので、0円でもOK。

口座を登録した人は口座残高を全部合わせた額を開始残高にしても良いです。

freee設定まとめ

freee初期設定でやることの流れ

  1. アカウントを登録する
  2. 契約プランを決める
  3. 口座を登録する(しなくてもOK)
  4. 開始残高を設定する

とりあえずこれで帳簿付けができるようになります。

面倒な確定申告は便利ツールの力でどんどん効率化していきましょう。

※5/1からプラン料金改定
会計freee
無料登録ページへ行く

タイトルとURLをコピーしました