デザイナーにおすすめの確定申告ソフト【freee】使用感レビュー

確定申告

freeeって何が便利なの?デザイナーでも使いやすい?

こんにちは。5年目個人事業主、コマツです。

今年も確定申告の悲鳴が各地で聞こえてきました。

税金爆死な方にはそっとエールを送るとして、そもそも確定申告そのものが「大変」「分からない」という声が多い印象です。

個人で仕事をしていくうえで避けては通れない道ですが、めんどうな事務作業の上にそこそこ専門知識もいるわけで、本業が忙しいのにやってられない!

とくにデザイナーさんは苦手・よく分からないという人が多いですね。

僕は確定申告のために会計ソフトのfreeeを使っています。

freeeは環境を整えればかなり効率よく帳簿付けができるツールです。

今回は確定申告でfreeeを使い続けている理由、特徴と使用感レビューをまとめました。

この記事はこんな人に向けて書いています

  • 開業したばかり・確定申告はじめて
  • 会計ソフトって何ができるの?
  • freeeの使用感・メリットデメリットを知りたい

freeeとは

オンラインで確定申告の準備ができる会計ソフトです。

売上や経費入力を半自動化できるので、詳しい知識がなくても書類の作成ができます。

オンラインで同期できる

freeeでは銀行口座・クレジットカード・電子マネーなどを「口座」として登録できます。

この口座に売上が入金されたり、経費の引き落としがあると自動的に帳簿に取り込んでくれます。

日付や金額は自動取り込みしてくれるため、勘定科目だけ設定すれば帳簿付けは終わりです。

freee連携サービス一覧

大半のオンラインサービスと連携させることができます。

自動登録ルールでさらに効率化

オンライン同期で取り込んだ明細を自動的に仕訳・記帳してくれるのが自動登録ルール。

勘定科目も予測してくれるので、売り上げ・経費がパターン化してる事業は楽です。

電子申告アプリで簡単e-Tax

とにかく分かりづらいと大不評のe-Tax。とはいえ節税のためぜひ実施したいところです。

freeeでは確定申告書の作成後、freee専用「電子申告アプリ」からそのままe-Tax申告ができます。

マイナンバーカード・ICカードリーダーが必要です。

便利に使うための工夫

やよいから乗り換えて当初は戸惑うことがありました。

freeeの便利機能をフル活用するために環境を整えた部分を紹介します。

  • 事業用に口座・カードを分ける
  • 自動取引ルールを登録する

事業用に口座・カードを分ける

それまでは同じクレジットカードで家計の買い物と事業経費を一緒に使っていました。

すでに口座・カードを複数持っているなら家計用と事業用で使い分けるだけでOKです。

それぞれ一つしかなければ事業用に新規で登録することをおすすめします。

例えば以下のような使い分けがおすすめ

  • 事業用銀行口座:住信SBIネット銀行
  • 事業用クレジットカード:オリコカード
  • 事業用電子マネー:iD(オリコカード付帯)

ちなみに家計の決済は以下のように使い分けています。

  • 家計用銀行口座:楽天銀行
  • 家計用クレジットカード:楽天カード
  • 家計用電子マネー:楽天Edy(楽天カード付帯)

楽天のサービスはポイント還元が強力なので、事業経費よりも毎月の決済額が多い家計専用に固めています。

消去法で事業用が住信SBIネット銀行とオリコカードになりました。

自動取引ルールを登録する

同じような取引はパターン化して自動記帳できるように設定しています。

たとえば行きつけのカフェ代や固定収入のある取引先などをあらかじめ登録しておく。

同期と合わせて自動登録まで済ませてくれるので非常に楽ちんです。

使う上での注意点

プライベートの支出があると煩雑

freeeは事業に関する仕訳はとても優秀です。

一方で、プライベートの支出が混ざるとちょっと面倒な処理が増えてきます。

事業を立ち上げたばかりだったり、個人事業主の人は家計の口座から事業費も払ってることが多いです。

料金プラン

改定後の料金表

スタータースタンダードプレミアム
基本料金
(3人まで)
 月額払い 1,180円 (税抜)
年額払い 11,760円 (税抜)
 月額払い 2,380円 (税抜)
年額払い 23,760円 (税抜)
年額払いのみ
39,800円 (税抜)
メンバー
追加
freee認定アドバイザー
以外はメンバー追加不可
4人目以降、1人あたり
月額払い 360円 (税抜)
年額払い 3,600円 (税抜)
4人目以降、1人あたり
年額払いのみ
3,600円 (税抜)

個人事業主向けプラン料金変更について | 会計freee

最安プランのスターターで月額1,180円/年額11,760円になります。

マネーフォワード クラウド確定申告の最安プラン:月額1,280円/年額11,760円
料金プランページより
やよいの青色申告オンラインの最安プラン:年額8,000円
料金プランページより

競合で比べるとマネーフォワードより月額で少し安価、やよいより高価な料金帯になります。

コスパではやよいが群を抜いて良いですね。

freeeとやよいの比較は以下の記事で詳しくレビューをしています。合わせて参考にして下さい。

まとめ

freeeが向いてるのはこんな人

  • 現金より電子マネー・クレジットカードを使うことが多い
  • 銀行のインターネットバンキングを使っている
  • 売上・経費がパターン化している

個人で青色申告をするなら会計ソフトは必須になります。

freeeは自動化・効率化のための機能が充実しています。

その便利機能をフル活用するためには「オンライン決済」「事業専用口座」の2つがポイントになってきます。

銀行のインターネットバンキング、クレジットカードや電子マネーなどオンライン決済は瞬時にfreeeへ同期できるため便利。

個人的なお金が混ざると分けるのが煩雑になるので事業専用で用意しておいた方が楽になります。

ポイントを抑えて青色申告・e-Taxの効率化をしていきましょう。

freee 無料登録をする