【素人の資産運用】iDeCoで始める最強節税と老後の備え

idecoとは解説資産運用

こんにちは。積立投資は忘れることと見つけたり、とーり(@tor_blogger)です。

今回はiDeCoについてまとめました。

iDeCoで大半の人が享受できるメリットを書いておくと以下の2点になります。

  • 現状最強の節税
  • 老後の資産形成

毎年の節税をしながら老後の年金も積み立てていける一挙両得の制度がiDeCoです。

簡単な解説と、実際にぼくが運用しているiDeCoの状況について紹介します。

iDeCoってなんなん

iDeCoは個人で積立て運用ができる年金です。

正式には「個人型確定拠出年金(こじんがたかくていきょしゅつねんきん)」といいますが、ちょっと漢字多すぎ…と思ったのか、愛称「iDeCo(イデコ)」となりました。

日本では公的年金の加入義務があるので、20~60歳の人は以下のどちらかの年金に加入してます。

  • 個人事業主:国民年金
  • 会社員:厚生年金

これら公的年金とは別に、個人で加入できる年金がiDeCoです。

iDeCoは自分で決めた金額を年金として積み立てながら、同時に節税と資産運用もできる強力な施策です。

iDeCoをざっくり説明すると…

  • 個人で定額を積み立てる年金
  • 掛け金は会社員:月額上限23,000円・個人事業主:月額上限68,000円
  • 積み立てた掛け金は60歳まで自分で資産運用できる
  • 「拠出した掛け金」「運用の利益」「受取りの」それぞれで税制優遇される
  • 個人でできる節税では現状最強

公的年金と違うこと

  • 税制メリットが強力
  • 自分の将来への積み立て

現状最強の節税

じゃ具体的にどう節税になるのさ!というお話。

それぞれを解説していきます。

iDeCoの節税メリットその①掛け金拠出時の全額所得控除

一年間の拠出金額はそのまま所得から引くことができます。

たとえば僕は毎月2万3,000円=年間27万6,000円をiDeCoに拠出しているので、その分所得が少なくなると。

所得税が5%、住民税が10%とした場合

27万6,000円×所得税  5%=1万3,800円
27万6,000円×住民税10%=2万7,600円

iDeCoで毎年4万1,400円の節税になります。

この所得税1万3,800円は会社員なら年末調整として、個人事業主なら還付金として返ってくるおカネです。

住民税2万7,600円は直接返ってくることはありませんが、翌年の住民税から差し引かれることになります。

住民税をどれぐらい払うのかのシミュレーションは以下のサイトからできます。
iDeCoの掛け金は「新個人年金保険料の金額」に入れて住民税がどう変わるか確認すると分かりやすいです。

iDeCoの節税メリットその②運用利益の非課税

毎月の掛け金は自分で運用先を決めることができます。いわゆる投資です。

運用商品は大きく2種類、「元本確保型商品」と「投資信託」から選べます。

  • 元本確保型商品
    →銀行の定期預金があります。元本が減ることはありません。
  • 投資信託
    →運用次第で将来大きく増やせるのはこちら。

投資のことはまったく分からないけど節税はしたい

いきなり投資は怖い、でも節税には興味がある!という方も多いと思います。

そういうときは「元本確保型商品」でとりあえず節税のメリットだけ享受するというのもアリです。

どの証券会社でも必ず1つ「元本確保型商品」が用意されています。

これは銀行の定期預金と同じようなもので、掛け金が減るということはありません。

メリットその②「運用利益の非課税」を享受できないので少しもったいない選択ですが、訳の分からん商品に投資して大損…なんかよりはよっぽどマシな選択だと思います。

僕は経済評論家の山崎元さんを投資のメンターと思って資産運用しています。
発信されてる内容が一貫していて解説がシンプル・分かりやすいです。
元本確保型の間に勉強して少しずつ投資に移行していくのが賢いかも。

iDeCoの節税メリットその③受取り時の所得税控除

こうして年々積立てて運用してきた拠出金を60歳以降で年金として受け取れるわけですが、受取り時も税制優遇されてます。

メリット①で毎年の節税、メリット②で得た非課税の利益、そして受け取るときも税金はいただきません。
だから国民年金には期待せずみなさんiDeCoで老後の準備をお願いします!という現政府の心の叫びが聞こえてくるような優遇っぷりです。

とはいえこれは20年以上先のこと…

目下は毎年の所得税控除と複利で増えゆく拠出金を眺めて、節税しながら勝手に老後準備できれば良いかと思います。

iDeCoの詳しい解説については、こちらのサイトが分かりやすかったです。

iDeCoの運用実例

実際にiDeCoをどんな感じに運用してるのか紹介していきます。

とーりのiDeCoスペック

  • 2017年7月から開始
  • iDeCo口座はSBI証券
  • 掛け金の引き落とし口座は楽天銀行
  • 掛け金は毎月23,000円(会社員の上限額)
  • 先進国株式インデックス60%:新興国株式インデックス40%で運用中
  • 海外リートとアクティブ投信にも少しだけ火遊び中

始めたらなにをするの?

iDeCoは一旦始めたら、特に何もしません。
しいて言うなら、引き落とし先の楽天銀行にちゃんと残高があるか確認するくらい。

長期積立運用のコツはほったらかしだと思ってるので、余計なことはせずにコツコツ積み立てるだけです。

運用商品は?

毎月の23,000円をそれぞれ以下の商品に投資しています。

  1. EXE-i 新興国株式ファンド
  2. DCニッセイ外国株式インデックス
  3. 三井住友・DC外国リートインデックスファンド
  4. ひふみ年金

メインは1の新興国株式のインデックス投信と2の先進国株式のインデックス投信

3の海外リートと4のアクティブ投信は勉強がてら様子見です。

ちなみに2020年3月4日現在の運用状況は以下になります。

名称現在価値評価損益評価損益率
EXE-i 新興国株式ファンド(EXE-i 新興国株式ファンド)241,338円-6,699円-2.70%
DCニッセイ外国株式インデックス(DCニッセイ外国株式インデックス)417,885円24,836円6.32%
三井住友・DC外国リートインデックスファンド(三井住友・DC外国リートインデックスファンド)17,529円-732円-4.01%
ひふみ年金(ひふみ年金)43,018円-2,667円-5.84%

世界的に新型肺炎の市況真っただ中でダダ下がり中。

長期投資なので一時的にこんな落ち目もあってもまったく気にしてません。むしろ評価額下がってくれるならありがたい。

どのみち60歳までほったらかし運用なので、複利の効果で利益が膨らんでいくことを期待してます。

始める前に注意すること

拠出金は現金です

節税になるとはいえ、毎月の掛け金を負担することになります。家計が苦しくなるようだと本末転倒なので節税貧乏にならないよう注意が必要です。

「会社員:月額23,000円、個人事業主:月額68,000円」はあくまで上限なので、生活に影響のない余裕資金から積み立てていけば大丈夫です。

60歳までは受け取れません

iDeCoは年金なので、積み立てた拠出金を受け取るのは原則60歳以降です。

途中で掛け金の拠出を止めることはできますが、すでに積み立てた拠出金を引き出すことはできません。

投資信託は元本割れのリスクがあります

投資信託で運用するなら利益が出る反面、元本割れをすることもありえます。

不安なら定期預金で運用する(元本保証型)のもアリ。それでもメリットがあるのがiDeCoです。

会社の申告が面倒

会社員でiDeCoを始める場合は口座開設の時に勤務先が記入する項目があります。

最初の手続きが個人だけで完結しないのが面倒でした。

これこそマイナンバーカードで頑張っていただきたいところですが…

iDeCoまとめ

「60歳まで積み立てる長期投資」と聞くと気が長い感じがしますが、働く現役世代でもしっかり恩恵があります。さらに運用で年金を増やして老後資金の準備にもなる。

  • 最強の節税
  • と同時に老後の資産形成
  • と同時に資産運用
  • 投資が不安なら元本保証型

今の税金を浮かせて自分の将来に回すつもりで、iDeCo始めてみてはどうでしょうか。

何か参考になればうれしいです。

iDeCoの節税・資産シミュレーション
確定拠出年金の節税シミュレーション
タイトルとURLをコピーしました