近大の広告センス良いなあ!ネタで終わらせない情報の伝え方

電車通勤中、窓に貼ってある広告が目に入りました。なにかイベントか遊園地の広告かなと思ってよく見たら。

え?近大?大学?ユニバ?なに??

近畿大学の入試出願の広告でした。
いや、センス良いなぁと思って。

まず広告デザインがきれい。意図的にテーマパークの広告を狙ったデザインが見事にはまってて目を引きます。
イメージ的にはユニバよりディズニーシーに見えました。青空と、女の子がTシャツだから?たぶん使ってる配色も夏色。
この時期(1月)だから余計に目を引きます。
なんであれ近大なら海のイメージでもしっくりきますね。

広告に目が止まったら、中央の女の子にしっかり目線誘導されて学生証(?)に自然と注目します。あれ?このカードなんだろ?ってなる。顔写真がついてるので余計に違和感があって気になります。

そこから説明を求めて上下の文言に目がいく。
「大阪のユニバといえば、近大やろ」「西日本最大級のKINDAI UNIVERSITY年間パスを手に入れよう!」
ますます「??」が深まります。近大とユニバでなにかコラボイベントでもするのか?とか思いました。

そして最後に下段の「推薦入試」「出願受付開始!」の文字をみて、なるほど、そういう表現か!と。
理解するまで15秒くらいまじまじと見てしまいました。

近大といえば入りたい大学トップ。
関西在住ならこのCMとかやってます。これもめちゃクオリティ高く初見でビビりました。

https://www.youtube.com/watch?v=v6rCj95joZM

ネタとしてはUSJと大学の「ユニバ」をかけてるわけだけど、インパクトで本題が薄れるわけでもなく、逆に「なになに?」って注目させたうえで情報を伝えてるの、上手だなぁと。
僕なんかしっかり目線誘導されて全要素を見てるわけだから、デザイン的にもムダがないってことなんでしょうね。

大学入試を「年間パスを手に入れよう!」って表現してるのも、単なる言い回しではなくて学びの本質だと思います。
僕も専門学校で学生に向けて「学校はスポーツジムのつもりで利用して」と言ってます。
「学校だから行く」ではなくて「学びにきた」っていうつもりで来てほしいので、年間パスっていう表現はしっくりきました。

関連リンク

電通と組んだ攻めすぎ広告で話題の近畿大学。「でも授業がショボけりゃ意味がない!」と調査をした結果… | Kindai Picks

広告アーカイブ – 近畿大学

とーり

会社×個人で稼ぐ複業リーマン。
5人家族を支えるため、
今より少し自由になるため、
毎日おいしくご飯を食べるため、
日々のおカネ事情を公開中です!

プロフィールはこちら

とーりのプロフィールを見る
雑記
ほかの人にも教える
まねろく
タイトルとURLをコピーしました