大阪ガスのスタイルプランP 5人家族で固定費削減になるか試算しました

スタイルプランP節約・節税

光熱費について、関西住まいのとーり家ではガス・電気を大阪ガスで契約しています。

もともとガスは大阪ガス・電気は関西電力だったのを電力自由化に合わせてガス・電気とも大阪ガスに統一した形です。事業者を合わせるメリットとして数%の割引が受けられるので別々に契約するよりお得になっています。

今回は大阪ガスの電気プランとしてベースプランA-GとスタイルプランPを比べてみました。

ベースプランA-G – 大阪ガスの電気/大阪ガス

スタイルプランP – 大阪ガスの電気/大阪ガス

ベースプランA-Gは関西電力での通常プランに相当する、いわゆる普通の料金プラン。1kWhあたりの単価は安くなります。

スタイルプランPは1kWhあたりの単価は高くなるけどAmazonプライム会員費分をごっそり割引くれるプラン。

プライム会員の年会費は最近値上がりしたので、余計にお得かも?プラン乗り換えようかな!と思って試算してみました。

5人家族の過去一年の電気代

トーリ家の過去一年分の電気代を元にリアルに試算してみました。

大阪ガスならマイ大阪ガスにログインすると過去の使用量が一覧できるようになります。

家族構成

  • 父:フルタイム勤務
  • 妻:専業主婦
  • 長男:小学1年生
  • 次男:幼稚園年長
  • 長女:1歳

エアコンをリビングと寝室に計2台使っています。特に生まれたばかりの長女のために温度管理は気をつけていたので、エアコンの電力消費は平年より多めです。

2018年5月〜2019年4月の電気代

2018/6月254 kWh6,485 円
2018/7月207 kWh5,200 円
2018/8月282 kWh7,314 円
2018/9月651 kWh18,196 円
2018/10月517 kWh14,185 円
2018/11月247 kWh6,284 円
2018/12月174 kWh4,285 円
2019/1月438 kWh11,949 円
2019/2月830 kWh24,195 円
2019/3月794 kWh23,196 円
2019/4月748 kWh21,807 円
2019/5月498 kWh13,970 円

マイ大阪ガスから確認した正確な消費電力/電気代です。

月平均470kWh/13,088円でした。

年間電気代の試算結果

大阪ガスのプラン同士でシミュレーションはできないので、関西電力から乗り換えた場合の差額で比べてみました。

ベースプランA-Gシミュレーション

大阪ガスの電気ベースプランA-Gの料金比較

スタイルプランPシミュレーション

大阪ガスの電気スタイルプランPの料金比較

同じ消費電力の場合で、ベースプランA-Gだと関西電力より6,673円安くなります。そしてスタイルプランPだと関西電力より4,888円安くなるとのこと。

その差額、約1,800円。月額にして150円とほとんど変わらないですが若干ベースプランA-Gの方が安くなりました。基本的な使用量が多いとAmazonプライム会員費の割引があっても追いつかないですね。

とはいえ予想以上にスタイルプランPが健闘しているように感じました。

まとめ

電気をよく使う家庭(月に2~3万以上、400kWh以上)だと単価が高いスタイルプランPは割高になってきます。逆に電気をそれほど使わない(月に1万円以下、400kWh以下)だとプライム会員費の割引が効いて割安になってきます。

目安で4人家族ならスタイルプランPの方がお得になりそうですね。一人暮らしでAmazonプライムを使うなら間違いなくお得と言えそうです。

5人家族のトーリ家にはあてはまりませんでしたが、大阪ガスのスタイルプランPは十分検討できる料金だと思いました。

関西住まいであれば大阪ガスでガス・電気を統一するだけでも割引があってお得になります。
さらにAmazonプライム会員ならスタイルプランPでさらに安くできる可能性あり。

水光熱と同様、Amazonプライムのような年会費も固定費です。プランの見直しだけで削減できる固定費はどんどん削減していきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました