【在宅ワークの心の友】Windows10快適ダークモード術

複業

こんにちは。視力には自信あり、とーりです。

毎日PCで目を酷使する仕事ながら、いまだに両目とも視力1.2以上をキープできてます。

とはいえ在宅でPC作業は目がショボショボしてきてつらいです…

そんなときはダークテーマがおすすめ。PC画面のギラつきを抑えることで目の負担は減らせます。

目に優しい環境で仕事しよう、ということでWindows10でできるダークモード特集です。

Windows10の設定でできること

まずはWindows10の設定でできることから。ブルーライトカット

夜間モード

画面全体を暖色っぽい色合いに変更します。

ブルーライトが低減されることで目の負担を和らげる効果があります。

設定方法

スタートボタン→歯車アイコンの設定をクリックします。
※またはショートカット + I

Windowsの設定画面で「システム」を選択します。

「ディスプレイ」項目から夜間モードを「オン」にします。

「夜間モードの設定」へ進みます。

夜間モードの強さと時間設定をして完了です。

常時オンにしておくならオン3時オフ2時とかにしておくのがおすすめです。


色設定を黒に変更する

エクスプローラやウィンドウの背景色を白から黒に変えられます。

黒いウィンドウに最初は違和感あるかもですが、使ってるうちに慣れると思います。

PCの白い表示って思ってるよりも目にギラギラ負担をかけてくるので黒画面はおすすめです。

設定方法

スタートボタン→歯車アイコンの設定をクリックします。
※またはショートカット + I

Windowsの設定画面で「個人用設定」を選択します。

「色」項目から設定を「黒」に変更すれば完了です。

GoogleChromeでできるダークモード

GoogleChromeを使ってるなら通常のWeb閲覧でもダークモードが実現できます。

ダーク系テーマ「Morpheon Dark」

Morpheon Dark – Chrome ウェブストア

GoogleChromeの見た目を変えられるテーマ機能。

黒ベースのChromeテーマが「Morpheon Dark」です。

タブやGoogleページが不安なくらい真っ暗になります。

強制ダークモード「Deluminate」

Deluminate – Chrome ウェブストア

Webページを白黒反転してくれるイチオシ拡張機能が「Deluminate」です。

たいていのWebページは白背景・黒文字なので、反転させることで黒背景・白文字に変更されます。

設定モードは6種類

  1. Normal
  2. Dim
  3. Reduce Contrast Only
  4. Smart Invert Images
  5. Invert All Images
  6. Keep Images Normal

Normal

通常表示。機能オフと同じです。

Dim

白黒反転はせず、明るさの調整ができます。
反転まではしたくないけど少し暗くしたいなーというときはこちら。

Reduce Contrast Only

白黒反転はせず、画面のコントラストを落とします。
Dimと似てますが暗い部分が明るく、明るい部分が暗く、目に優しい表示です。

Smart Invert Images

画面を白黒反転しつつ、画像は反転しないモードです。
自動判定なので反転される画像もあったりします。

Invert All Images

画面も画像もすべて白黒反転するモードです。

Keep Images Normal

画面を白黒反転しつつ、画像は反転しないモードです。
僕はこの設定で使ってます。

便利なショートカット

  • 機能のオンオフ:Shift+F11
  • 常時オフのWebページ登録:Shift+F12

表示の白黒反転をやめたいときはShift+F11ですぐオフに切り替えられます。

元々ダークモードのような常にオフにしたいWebページはShift+F12で除外リストに登録すると、そのWebページでは常時オフにできます。

まとめ

紹介した機能を全部使うと、ほぼほぼ画面が真っ暗になります。

PC作業の負担を減らしつつ、作業の合間に休憩もしながらお仕事がんばりましょう。

Windows10でできるダークモード設定

  • 夜間モード
  • 色設定の変更

GoogleChromeでできるダークモード設定

  • ダーク系テーマ「Morpheon Dark
  • 強制ダークモード拡張機能「Deluminate
タイトルとURLをコピーしました